最強都市計画2改6

- 鉄道経営シミュレーションゲーム -

iアプリ版


Windows版です。iアプリ版のベタ移植なので、マウスでは操作できません。
stk2k6_090628.zip

スコアアタックの名前登録やプラグイン取得

スクリーンショット
最強都市計画2改6


以下アプレット版。JOGLが(=英語が)難しいので動作が怪しげです

JOGLがインストールされている必要があります。

JOGLインストール不要(自動取得)版はこちら(OSがWindowsXPの場合のみ)

JOGL未使用版はこちら(クォータービュー表示なし)

マウスでは操作できません
カーソル移動カーソルキー
決定Enterキー
キャンセルテンキーの0
停止/再開テンキーの1
スピードダウンテンキーの2
スピードアップテンキーの3
画面の拡大テンキーの4
画面の広域化テンキーの5
画面の切り替えテンキーの6
資金表示/非表示テンキーの7

マニュアル

【目的】
5年間で資金+資産を多く増やしてください

【操作 フィールド画面】
1キー……停止/再開
2キー……スピードダウン
3キー……スピードアップ
4キー……画面の拡大
5キー……画面の広域化
6キー……画面の切替(2D/3D)
7キー……資金表示/非表示
キャンセル……メニューの表示
決定……列車/駅の選択

【メニュー画面】
●線路敷設……線路を敷きます。建設費36+土地代
●駅建設……駅を建設します。駅の隣のマスに線路があると列車がその駅に停車します。建設費20,000+土地代
●車両購入……車両を購入します。高速列車は低速に比べて倍の速度が出ますが、走行経費がより多く掛かります。費用20,000〜
●車両配置……購入した車両を線路に配置します。
●土地購入……土地を購入すると、そこには勝手に建物が建たなくなります。
●土地売却……土地を売却します。5%の売却手数料が掛かります。

【車両選択画面】
●ロック……車両をロックしてゲームを進行すると、画面がその車両を追尾します。また、乗客数を知ることができます。
●方向……列車の進行方向を変更することができます。
●撤去……列車を撤去し、未配置状態に戻します。

【駅選択画面】
ダイヤを設定します。

【機能メニュー】
●列車番号表示……マップの列車上に番号を表示します。
●乗車率表示……マップの列車上に乗車率を表示します。
●収支表示単位……収支/売上/経費の表示単位を年、月、日から選べます。
●リフレッシュレート……画面更新間隔を変更できます。ゲーム内時間を速く進めたい場合、これを低い値に設定すると多少早く進行します。
●文字サイズ……文字の大きさを変更できます(プラグイン)
●タイトル画面へ……タイトル画面へ戻ります。

【その他】
●資金がマイナスになってもゲームオーバーにはなりませんが、毎月末に1%の利息が掛かります。
●車両購入、駅建設及び土地購入は、「資金+土地価値」が費用以上であれば実行することが出来ます。
●車両同士が衝突すると、消滅してしまいます。
●青い建物は住宅系、赤い建物は商業系/オフィス系です。朝は青からの乗客が多く、夜は赤からの乗客が多いです。

チュートリアル

 以下は、最初に何をすればよいか分からない方のための手順です。ハイスコアを目指すにはこの限りではありません。

【線路敷設】
 最初に線路を敷きましょう。場所は赤や青の濃い色のマス(建物)があり、かつ深緑のマス(林)が少ないところが効果的です。長さは15〜25マス程度が良いでしょう。垂直又は水平に敷いてください。ナナメではダメです。

【駅建設】
 敷いた線路の両端1マス手前にそれぞれ駅を建設しましょう。


この状態で駅間は20マス

【車両購入】
 購入は速度40の車両1編成で構いません。

【車両配置】
 敷いた線路のどこでも構わないので列車を配置しましょう。


車両配置直後の画面。残金は1/3程度。

【進行】
 車両配置を行なったら、メニューを閉じゲームを進行させましょう。「3」キーを押すと、進行速度が速くなります。「7」キーを押すと資金をリアルタイムで表示します。「7」キーを続けて押すと、収支が表示されます。初期状態では収支が月単位で表示されますが、「機能」→「収支表示単位」を選択して日単位に変更してみましょう。この状態で2〜3日進めてみてください。
 「3」キーで進行速度を上げてもあまり速くならない場合、「機能」→「リフレッシュレート」で5や1等の低い値を選択してみて下さい。


3日経過後。資金が10,000以上減ってしまった。

【乗車数】
 赤字の原因を調べましょう。車両にカーソルを合わせ「決定」キーを押してください。その車両に対するメニューが表示されます。ここで「ロック」を選択し、ゲームを進行すると、乗客数を知ることが出来ます。  「機能」→「乗車率表示」を選択することによって列車上に乗車数を表示することもできます。


「乗車率表示」を設定した状態

【ダイヤ設定】
 とりあえず朝夕以外は大した乗客数が無いことがわかりました。最初のうちは朝夕一往復ずつで問題なさそうです。どちらか一方の駅にカーソルを合わせ「決定」キーを押してください。ダイヤ設定画面が表示されます。朝夕それぞれに1つずつ区切り目ができるように設定してみましょう。


7:30発と19:30発に設定

 これでしばらく経過を見守りましょう。最初のうちは赤字かもしれませんが、しばらく経つと駅の周りが発展し、乗客が増え、黒字になると思います。


ダイヤ設定直後。わずかに黒字


1ヵ月後。街が多少発展し、黒字も拡大


[戻る]
管理人:T.Umezawa
本日:1
昨日:1
総合:1410(2009年06月28日以降)
最終更新日時:2009/06/28